男の美学

健康と美容を愛しています。断食・肌断食・湯シャンで「男の美学」を追求する。

【リアル検証】ニキビと乾燥肌に悩む男子が肌断食をしてみた

みなさんこんにちは!

 

ブログをご覧頂きありがとうございます!

 

僕は断食や肌断食、脱シャンプー、冷水シャワーといった

非常識なライフスタイルを実践している

うえちゃんです!

 

突然ですがみなさんは、普段スキンケアを行っていて

  • 洗顔後に顔がつっぱる
  • 赤く目立つニキビができる
  • 夕方になると皮脂でテカテカになる

などの、肌の悩みはありませんか??

 

肌が気になり、鏡を見てついつい肩を落としてしまったり、、、

 

肌の悩みって尽きませんよね…?

 

僕自身もニキビはもちろん、乾燥肌に悩まされていました。

 

正式には、おでこと鼻はオイリーだったため、混合肌と言われるものですが、それ以外の部位はかなりの乾燥肌でした。

 

洗顔では、おでこと鼻を中心にしっかり洗い、洗顔後は頬を中心にしっかり化粧水やクリームで保湿するなどスキンケアを入念に行っていました。

 

ある程度、肌は整っていても悩みは無くならず、スキンケアに依存をしていました。

 

そんなある日、僕は肌断食という「何もしないスキンケア」に出会ったのです。

 

肌の悩みから解放されたい!

 

その一心で、肌断食について調べて実践をしてみることに。

 

すると、肌の悩みは無くなり、スキンケアの依存から解放されたのです!!

 

その時僕は「もっと早く知りたかった」という思いで溢れました。

 

そこで、僕はこれまで培ってきたスキンケアや、肌断食のリアルな体験も含めて

  • 肌に悩んでいる方
  • 美容に興味がある方
  • きれいで自信のある肌になりたい方

老若男女問わず「容姿の自信」を手に入れる、きっかけになれたらと思います!

 

そのため、まずはこれまでの美容を一旦忘れて、1つの選択肢として「肌断食~スキンケアに依存しない肌~」があることを、知っていただけたら幸いです。

 

ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

なぜ肌断食をしようと思ったのか

僕はこれまで10年以上スキンケア行ってきて、確かに肌はきれいになりました。

 

しかし、肌の悩みは無くなりませんでした。

 

きれいになってはいるものの、乾燥は別に治ってはいないし、ニキビはできるし、、、

 

「もっと自分に良いスキンケアがあるはず」と定期的にネットで調べたり、薬局に出向いては、良い商品に出会えず悶々する。

 

SNSで紹介されるコスメランキングは、どれも使用したものがあるものばかり。

 

さらに言えば、お買い求めはしやすいが効果は薄い物が多く「もっと良いものを紹介してほしい」と感じる。

 

結局、スキンケアをしても「根本的」には解決されていなかったのです。

 

だからこそ、肌断食という「何もしないスキンケア」に興味を持ち、調べていくうちに根本的な解決ができるのではないかと始めたのです。

 

肌の基本構造

では根本的な解決のためには、まずは肌の基本構造からきちんと理解する必要があります。

 

肌は体の細胞と同じで、自らで細胞分裂を起こします。

 

下の図にある基底細胞で細胞分裂を起こし、分裂した細胞が上に押し上げられ、角質層で剥がれ落ちていきます。

肌の構造

ここで、大事になるのが角質層での話です。

 

角質層では主に「角質細胞」と「細胞間脂質」で構成されています。

 

まず角質細胞は「アミノ酸を主成分とした水溶性の保湿因子」の塊として自家保湿因子の役割を持っています。

 

次に、細胞間脂質は「セラミド主成分の脂溶性保湿因子」で角質細胞たちをつなぐ脂性の糊の役割を果たしています。

 

このセラミド水と油が混ざってできた天然の保湿因子で、水分の蒸発を防ぐ「保湿膜」そして、外部からの刺激を防ぐ「バリア機能」を担っています。

 

まとめると

で、角質細胞同士を細胞間脂質がつないでいます。

 

そしてこの「水+油」が何重にもなった構造で、「保湿」と「バリア機能」を同時に果たす、奇跡のバリア構造が完成するのです。

角質層の拡大図

ここで改めて、肌本来のもっている機能をまとめると

 

肌の乾燥を防ぎつつ、外部から身を守るバリア機能を自ら作り出している」のです。

 

▼より詳しい「肌の基本構造」や「スキンケアの害」についてはこちらをご覧ください!

hijoshiki-lifestyle.hatenablog.com

 

肌断食のやり方

肌断食は、題名の通り「何もしないスキンケア」のことです。

 

なので、肌断食のやり方は至ってシンプルで、水またはぬるま水で顔をササっと洗い流すだけなのです。

 

粉が吹いたり、乾燥がひどい場合はワセリンを使っても大丈夫なのですが、基本的には使用しません。

 

つまり

  • 洗顔フォーム
  • 化粧水
  • 乳液・美容液

これらを一切使わず、使用するのはワセリンのみの洗顔法です。

 

そして水の温度は、ぬるま水の場合は34~35度ぐらいの、肌より少し冷たい温度にします。

 

肌断食を始める際の不安

これまで入念にスキンケアを行っている方ほど、この肌断食は受け入れがたく、始める際は非常に不安が多いと思います。

 

  • ニキビが増えたらどうしよう
  • 乾燥肌で肌がぱりぱりになりそう

  • 水洗いでは顔の汚れが落ち無さそう

  • 粉が粉ふいたらどうしよう

  • これまでのスキンケアが水の泡になりそう

 

実際、僕も始める前は不安で不安で、様々なことを考えていました。

 

「これまで積み上げてきたものが無くなるかもしれない」と、10年以上の努力を0にしてしまうかもしれないという思いが一番の不安でした。

 

だからこそ、始める前にたくさん調べたり、自分の肌を守るためにどんなことが必要かを考えました。

 

そして、実際に肌断食をして気付いたことがあるので、そちらも合わせてお伝えしていきます。

 

ぜひ肌断食をこれから始める方の不安を、少しでも解消出来たらと思います。

 

【検証】肌断食をしてみて

ではここから、実際に肌断食をしてみて、肌の乾燥とニキビに関して、また肌断食の悩みの対処法について書いていきます。

 

乾燥肌はどうなのか

結論「乾燥肌でも実践できますが、時期によってはワセリンが必要」です!

 

まず前提として、肌断食をすると肌は乾燥していきます!

 

しかし、これだけ聞くと語弊があるので説明すると、もともと人間の肌は乾燥しています。

 

本来の肌は「さらさら」していて、少し乾燥気味であることが理想です。

 

化粧水を使うと、肌のバリア機能がどんどん失われ、より乾燥肌になります。

 

そのためスキンケアを辞めると、これまでの乾燥肌が露わになるだけで、決して「スキンケアを辞めたから乾燥肌になった」わけでは無いのです。

 

確かに最初は、顔がぱりぱりして化粧水をつけたくて仕方がありませんでした。

 

しかし、少し時間が経てば「あれ、意外に大丈夫だ」と気にならなくなりました。

 

ただし、乾燥肌の人は時期によっては注意が必要です!

 

僕が肌断食を始めた時期は4月でした。

 

というのも、空気が乾燥している時期に行うことが、自分にとって不安でしかなかったからです。

 

始めた当初は、顔がぱりぱりすることが気になりましたが、粉が吹いたり、肌表面の皮膚がぽろぽろすることはありませんでした。

 

そのため肌断食を始めて、約半年間はワセリンを使うことはありませんでした。

 

しかし、10月にさしかかって外の空気が乾燥し始めると、事態は変わりました。

 

肌表面の皮膚が、ぽろぽろとなり始めたのです!!

 

その実際の写真が下のものです。

(実際の無加工のリアルな写真です。不快な思いをさせてしまったらごめんなさい!)

 

肌断食を実践して半年後(乾燥肌)

僕はワセリンを使用せず、半年間過ごしてきたので、もうワセリンは使わなくても大丈夫だと思っていました。

 

なので、まさか肌がポロポロとなるなんて、思っていませんでした!笑

 

そのため乾燥肌の方は、時期によっては乾燥し、皮膚がぽろぽろとなることがあるので、注意が必要です。

 

あまりにも乾燥がひどく、顔表面に粉が吹く場合は、ワセリンを使用しましょう!

 

肌断食でワセリン使用時の見た目

このように乾燥した肌や、見た目は大きく改善されると思います。

 

断っておくと、ワセリンをすると肌が潤ったり、きれいになるわけでは決してありません!

 

皮膚の激しい乾燥や、ポロポロと粉が吹く見た目をカバーしてくれるものです。

あくまで、ワセリンは最終手段として使用しましょう!

 

まとめると、乾燥肌の方は

  • 始める際は空気が乾燥していない時期がオススメ
  • 時期によっては乾燥するので注意が必要
  • ワセリンは最終手段としてなるべく使用は避ける

です。

 

ニキビはどうなのか

お次は肌の天敵、ニキビですね!

 

特に、ニキビ対策のスキンケアを心がけている方は、この問題は不安ですよね。

 

結論「0にはならないものの、ニキビが発生することは減った」です。

 

これは、個人的に文句なしで良かった事です。(笑)

 

頻度で言うと、肌断食を行う前は、2週間に1個ぐらいのペースでニキビが出来ていました。

 

肌断食を始めてからは、1か月に1個できるかできないかぐらいの頻度まで減りました。

 

もちろん、他の要因も多少なりとも関係していると思いますが、やはりこの効果は大きかったと思います。

 

あとがき~肌断食の悩みの対処法~

ここからは肌断食を始めて出てきた悩みと、その対処法について書いていきます。

 

悩みは次の通りです。

  • 肌触りがゴワゴワするような感触がある
  • 肌の粉吹きを治す別の方法
  • サウナ後の保湿は必要か
  • 肌断食中の脱毛後は保湿が必要か

です。

 

肌触りがゴワゴワするような感触がある

こちらはまず「脂漏性皮膚炎」や「酒さ様皮膚炎」を疑ってみて下さい。

 

僕は、もしかしたら脂漏性皮膚炎の可能性がありましたが、画像で出てくるようなものではなかったので、おそらく違うと思います。

 

しかし、僕は肌触りがゴワゴワするときがありました。

 

その時の対処法は

  • ぬるま水を真水に変える
  • 洗顔を15秒ほどで終わらせる
  • 気になる場合はサウナに行く

です。

 

僕は、ぬるま水で洗顔をすると、次の日からなんかゴワゴワした感触がありました。

 

そこで「もしかしたらぬるま水の洗顔により、皮脂を落としすぎているのでは」と考え真水で洗顔をすることに。

 

すると完全に治ったわけだはありませんが、気にならない程度になりました。

 

また洗顔の時間も30秒ほどかけて、全体を少し入念に洗っていたのを、15秒でさっと洗うように変えると、少し改善されました。

 

また、それでも気になる場合はサウナに行くことがおすすめです。

 

なにより、完全に治るからです。(笑)

 

実際に、脂漏性皮膚炎の対処法でも、入浴やサウナは勧められています。

 

僕が脂漏性皮膚炎でも、そうでない場合でも、肌のゴワゴワに関してはサウナに入ると一発で解決すると思います!

 

もし詳しい方がいらっしゃったら、コメントで教えてほしいです!!

 

肌の粉吹きを治す別の方法

肌のゴワゴワと一緒で、サウナが一番です!

 

僕は週1に入っていますが、肌のゴワゴワや粉吹きは一瞬で解決されます。

 

サウナは美容の味方です!

 

サウナ後の保湿は必要か

サウナ後の保湿は必須、と「サウナの教科書」にも書かれていますが、僕はいらないと思い、使用していないです。

 

むしろサウナで肌がきれいになっているので、ワセリンすらも使わなくても大丈夫なぐらいです。

 

もし、肌のツッパリが気になる場合は少し時間を置いてみましょう。

 

それでも改善されなかったら、ワセリンを塗りましょう。

 

肌断食中の脱毛後は保湿が必要か

肌断食中に医療脱毛を行った際に、看護師さんから

「肌が痛むのでしっかり保湿をしてください」

「肌を保湿しないと、脱毛の効果が薄れる」

と言われました。

 

肌断食の話をすると、おかしな目で見られました。(笑)

 

悩みながらも、結局保湿はしませんでした。

 

保湿しなくても肌に異常がでることは無く、脱毛の効果が無くなることもありませんでした。

 

しかし、これに関しては肌トラブルに繋がる可能性もあるので、医者の言うことには従った方が良いかもしれないです。。。

 

もし詳しい方がいらっしゃったら、コメントで教えてほしいです!!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

肌断食は「これまでの美容常識を覆しスキンケアを手放す」ため、非常に不安の多いものだと思います。

 

メリット・デメリットや、合う合わないはもちろんありますが、一つの選択肢として考えて頂けたらと思います。

 

僕はこの肌断食を、もっと前に知りたかったからこそ、良い面も悪い面も含めて情報として多くの方に知ってほしいと思います!

 

また、周りにいなかったからこそ情報を集めるのが大変でした。

 

もし、みなさんで肌断食をしている方がいらっしゃったら、コメントで教えていただきたいです!

 

またこれから始める方は情報収集として、下の記事もぜひ目を通してみて下さいね

 

あわせて読みたい

hijoshiki-lifestyle.hatenablog.com

 

このブログでは他にも僕が実践している、非常識なライフスタイルを随時更新していくので、お見逃しなく!!

 

コメントやブックマークも楽しみにお待ちしてます!!

 

それではまた次の更新までお楽しみに!